Labonosで出来ること

3Dデータさえあれば、
誰でもイメージをリアルな形に。

Labonos LDR 200は切削加工機ならではの圧倒的な高精度・高品位を備え、3Dプリンターと同等以上の使いやすさを実現した、全く新しい3D造形ソリューションです。

  • ※CAMとは・・・3Dデータを加工用プログラムに変換するアプリケーション
  • ※切削RPとは・・・3D CAD やCGデータを活用して短時間に切削加工すること

カンタン操作でありながら
高精度な加工


Labonos LDR 200はプログラム不要で誰でも簡単に操作ができる切削加工機です。

簡単操作でありながら形状精度は±10μm

 




3Dプリンター・切削RP装置との比較

お手軽システム


3Dデータがあれば、たった2ステップで造形出力できます。
Labonosにインストールされている自動化アプリケーション sonobaL(ソノバル) が"誰でも簡単に加工ができる"を実現しました。

その為、3Dプリンターの煩わしい後処理や切削RP装置での専門知識や技術は一切必要ありません。

 

  \Labonosの操作はこちら/

トランスレーションプロセス

優位性比較

各造形方式との比較

Labonos LDR 200は3Dプリンター、切削RP装置と比較して幾つかのメリットがあります。

メリット1 プロセスレス

加工前の前準備や加工後の処理など、煩わしい作業を自動化および簡略化。

メリット2 安定した品質

いつ、誰が加工しても安定した品質を出力します。加工後のアフタープロセスも必要ありません。

メリット3 量産同等品を製作

3Dデータを忠実に加工します。量産品と同質材料を加工することで、実際の量産と遜色ないレベルで機能評価を行うことが可能です。

 

\加工のプロセスを図で比較 /

誰でも簡単に加工できるお手軽システム

仕様

最大材料サイズ W:200 × D:255 × H:200(mm)
装置サイズ
  • W:1950 × D:1290 × H:1865(mm) 装置扉 CLOSE 時
  • W:2330 × D:1820 × H:1865(mm) 装置扉 OPEN 時
メンテナンススペース W:2950 × D:2320(mm)
電源 三相AC200V・12KVA
エア源 不要
クーラント 不要
入力データ形式 IGES、STEP、STL
適応材料 ABS(アクリロニトロル・ブタジエン・スチレン)、PP(ポリプロピレン)、POM(ポリアセタール)、PC(ポリカーボネート)、PA(ポリアミド)、PPS(ポリフェニレンサルファイド)、PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)、PF(フェノール樹脂)、EP(エポキシ樹脂)、PMMA(アクリル樹脂)、ケミカルウッド(化学合成樹脂木材)