3Dプリンターを圧倒する高精度・高品位

驚愕の高品位

3Dプリンターを圧倒する

高精度・高品質なトランスレーション

Labonosは切削加工機でありながら3Dプリンターと同等以上の誰でも使える操作感を兼ね備え、その出力品質は、同価格帯の業務用3Dプリンタ―の出力品質を圧倒する高精度・高品質を誇ります。
それは我々が世界に誇る超高精度マシニングセンターの製造ノウハウで培った、モノづくりの理念・信念がしっかりと息づいているからに他なりません。わずか数cmの複雑な3Dモデルにおいても、3Dプリンタ―では避けられない積層痕に悩まされることもありません。
あらゆる試作・少量生産など高度化する3D造形ソリューションにかつて無い品質でお応えします。

凹凸はめ合い形状の面品位
精度測定実証テスト

ピタッとはまる

Labonosの圧倒的な加工精度・面品位を証明するため、いずれも個別に切削した、凹凸のはめ合い形状ブロック表面(仕上げ処理無し)に対し精度計測を実施しました。元となった3Dモデルデータと、実際の切削加工品の誤差測定結果は何れも±10㎛以下。
凹凸形状のはめ合いは、積層痕の残る3Dプリンタ―(加工精度±30㎛)では考えられないほどピタッと嵌合します。圧倒的高精度ゆえに、同質材料はもちろんABSとMCナイロンなど異質材料同士での嵌合も全く問題ない精度で実現します。

精度比較実例
Labonosと業務用3Dプリンターとの比較

クリックで拡大します

3Dモデルデータ協力:GearDesign大上竹彦

3Dデータと出力品の誤差比較

3Dモデル
Labonos出力計測結果
3Dプリンター出力計測結果

面品位が求められるキャラクターフィギュアの表情パーツを、Labonosと同価格帯の業務用SLS方式3Dプリンタ―とで出力品の精度比較を行いました。Labonos出力品では、おおよそ±10μm以内に収まっているのに対して、3Dプリンタ―出力品では、±30μmを超える結果となりました。